1. 横浜ユーリス法律事務所 トップ
  2. 主な取扱い分野
  3. 医療事故

主な取扱い分野

医療事故

各分野の協力医と連携し、専門知識の裏付けを得ながら、事故の真相を明らかにし、賠償請求を行います。

一般的な流れは以下のようになります。

 

証拠保全・カルテ分析

患者が病院の過失を立証するには、カルテを分析し、どのような医療行為が行われたのか、

どのような治療が行われていれば事故が防げたのか、といった検討を尽くしていくことが不可欠です。

また、カルテの改ざんがされるおそれがある場合、素早く証拠保全をして、カルテを確保する必要もあります。

当事務所では、各分野の協力医と連携し、専門知識の裏付けを得ながら、事故の真相を明らかにしていきます。

 

交渉・調停・訴訟

病院の過失が明らかになった場合には、損害額を特定した上で、病院に対して賠償を求めていきます。

病院が過失を認め、交渉で、賠償をしてくる場合もありますが、過失に争いがある場合などは、

裁判にせざるを得ないこともあります。

医療過誤裁判は、密室性、専門性の壁に阻まれ、比較的勝訴率の低い分野といわれてきましたが、

近時は、医療過誤被害者の救済の必要性が自覚され、専門医の協力も得やすくなっており、

かつてのように被害者が泣き寝入りを余儀なくされるケースは少なくなってきています。

こちらも合わせてご確認ください。

ご相談・事件解決の流れ

報酬について

お気軽にご相談下さい。

電話番号:045-651-6635 受付時間9:00-17:30

メールからのお問合せ

ページトップ
背景画像

所属弁護士

  • 工藤 昇
  • 関戸 淳平
  • 青山 良治
  • 高木 小太郎
ページトップ
  • 大
  • 中
  • 小