1. 横浜ユーリス法律事務所 トップ
  2. 主な取扱い分野
  3. 交通事故

主な取扱い分野

交通事故

大半のケースでは、弁護士が介入することによって、賠償額は増額します。
保険会社の示談書に判を押す前にご相談ください。

交通事故事件の流れ

img_ractices01

 事実調査

交通事故、特に死亡事故の場合、加害者の一方的な言い分に従って現場検証が行われ、事実とは異なった方向で手続きが進んでいってしまうおそれがあります。

 

当事務所では、交通事故に豊富な経験を持つ弁護士が、専門家の協力を得ながら、被害者のために、真相を究明します。

 

示談交渉

交通事故事件の殆どは、保険会社を相手に交渉をしていくことになります。しかし、保険会社は、弁護士が付いていない被害者には、一段低い基準で計算した賠償額しか提示してきません。

 img_ractices02

重い後遺症を抱える被害者の中には、保険会社との交渉に疲れ果て、保険会社にいわれるままに示談をしてしまい、結局泣き寝入りをしてしまう方も少なくないようです。弁護士が介入し、被害者のために、強力に交渉することが大事なのです。

 

当事務所では、常に被害者の立場に立って交渉ができるよう、保険会社とは、一切の代理契約を交わしていません。

 

調停・訴訟の提起

加害者や保険会社が誠実に対応しない場合は調停や訴訟を起こし、治療費、休業補償、慰謝料等の損害賠償を勝ち取っていきます。

 

訴訟にすると、通常は、弁護士費用や事故日からの遅延損害金(利息)を加算しますから、当初の保険会社の提示額よりも賠償額は増えることがほとんどです。

こちらも合わせてご確認ください。

ご相談・事件解決の流れ

報酬について

お気軽にご相談下さい。

電話番号:045-651-6635 受付時間9:00-17:30

メールからのお問合せ

ページトップ
背景画像

所属弁護士

  • 工藤 昇
  • 関戸 淳平
  • 青山 良治
  • 高木 小太郎
ページトップ
  • 大
  • 中
  • 小